当前位置:主页 > 新闻聚焦 >その噂话は、身分の上下无く、一条家领の全体を森閑( >

その噂话は、身分の上下无く、一条家领の全体を森閑(

   その噂话は、身分の上下无く、一条家领の全体を森閑(しんかん)な雰囲気で包んでいた。そして、それはまだ未明だというのに、中村御所の自身の屋敷で畳に镇座している仓桥隆行にとっても同じである。亿嘉国际maione(…遂に…一条家の谨慎が…解かれる…)そのことであった。1552年の秋から始まった一条家の大谨慎は今年で三年となる。それまでの三年间。谨慎は、家臣や领民一同の努力により、特に大祸なく、予定通り遂行された。そのため、谨慎当初に、土居宗珊が言った「とりあえず、向こう三年じゃ!!」の言叶通り、一条家の长い谨慎は、遂に解かれようとしていた。前代未闻の大谨慎明けには、一条家领のみならず、周辺势力も注视しているようで、今年に入ってから戦の耐えなかった长宗我部家と本山家の戦までが一旦静まり、四国の南西部は不気味な静寂に包まれたのである。その大谨慎突入のキッカケとなった、忠臣、土居宗珊が动いた日は、ちょうど三年前の今日。一条家の家臣达は、谁も何も言わないが、皆が无意识のうちに、この日が谨慎解除の日であると睨んでいた。