当前位置:主页 > 主编特选 >その二人の会话の五日后。冬らしく、どんより >

その二人の会话の五日后。冬らしく、どんより

   その二人の会话の五日后。冬らしく、どんよりと空が昙った闇夜。村では、少しの小さな松明が忙しく动き回っていた。辺りには静寂が响き、远くからその様子を见れば、人魂が彷徨っているか沙田独立屋间违うような情景である。だが、この时。村の者达は、双屿への引越しのために各船へ乗船をおこなっていた。时折、小さな物音や、车轮の轧みが闻こえてくるが、私语は皆无な上、明かりがろくに无くとも动きに无駄が无い。村人达は、入り江の近くにある小さな穴の方へ向かっているようであった。(すげぇな…。これだけの人が、ここまで动けるか…。)たっつんは、村人达の行动に舌を巻いていた。见ていた限り、村の住民数は、およそ1000人程。その村人の中には、子供もいれば、女性や老人もいる。(元海贼达の村か…。凄ぇ村だな…。)既に强面丸への乗船を终えていたたっつんは、眼前の暗闇の中でおこなわれている事に、(南海の王か…。それを目指し、皆をまとめていた许栋ってのは、本当に凄い人だったのかもな…。)语り闻いていた过去の英雄に想いを驰せていた。